よくある質問・疑問

違約金を1,000円にする方法は?適用する人はどんな人?

違約金1,000円に出来る方:月額4,000円以下の方のみ対応しているやり方です!
月額それ以上の方は、更新月を待つより9,500円の違約金を払って乗り換えをした方がお得になります!

なぜ月額4,000円以下の人のみ対応しているの?

二ヵ月分の月額料金がかかるので、4,000円以上の人は逆に高くなるから、オススメしてません。

ポイント

【4,000円以下の人】 
月額料金2ヶ月分:8,000円
違約金1,000円
合計:9,000円

【4,000円以上の人】
違約金9,500円
合計9,500円

なので月額料金が4,000円以下の人がお得になるやり方です!

携帯料金が4,000円以上の人はどうするのが一番お得?

すぐにお乗り換えする事が、一番お得になる乗り換え方法になります。

例)月額料金6,000円、更新月まで4ヵ月ある方

【すぐにお乗り換えする場合】
月額料金:6,000円(1ヵ月分)
格安SIM:6,000円(3ヵ月分)
違約金:9,500円
合計:21,500円

【更新月まで待つ場合】
月額料金:6,000円*4ヵ月分=24,000円
違約金0円

合計:24,000円

結果

更新月まで待つと違約金が0円になりますが、支払いは多くなります。

今回は月額6,000円の人を例に説明しましたが、月額料金が高くなると支払いする料金が上がります。

多くの方は、待つ方がお得と考えますが実は違います。
上記を見て貰えば分かりますが、違約金を払って乗り換えた方がお得です!

このように人によって乗り換えるタイミングが違います。

自分に合う乗換えのタイミングが分からない方は、すぐに自分に合うタイミングが分かります。

今の機種代金が残ってるけど、どうするのが一番お得?

今のキャリアで機種代金の分割が残ってても、格安SIMに乗換える事が出来ます!

端末代が半額になるオプションに加入してませんか?

端末代が残っている人も、お得に格安SIMに乗り換える事が出来ます。

シムナビは特典が豊富!<タップで表示>

previous arrow
next arrow
Slider

© 2020 SIMナビ~格安SIMの乗り換え総合窓口~